合格のために

管理人

2010年に金融庁が公認会計士試験合格者を対象に実施したアンケートでは、卒業後に就職せずに勉強して合格した人が37.6%、就職後、勉強のために退職して合格した人が15.4%、退職後会計士を目指して合格した人が5.9%となっており、公認会計士試験の合格のためにいかに勉強が必要かを示しています。実際、どのような勉強方法があるのでしょう。

会計専門職大学院を修了すると短答式科目の4科目中3科目が試験免除されますが、大学院への入学試験に合格しなくては通えません。専門学校の講座に通う人のなかには会計専門職大学院に在学中の人や大学で法律や会計の勉強をしている人もいます。

教材自分で市販の教材を購入して独学で勉強する方法もあります。初期費用が安く気軽に始められます。市販の教材は販売数自体が少なく、試験科目全てを網羅してわかりやすく解説している参考書などはないと言われています。

専門学校の公認会計士試験の講座を受講するのは最も多い勉強法です。大学に通ったり仕事をしながら講座を受講している人もいます。自宅学習をメインとした通信講座を扱う学校もあります。多くのコースが用意されてさまざまな状況の人に対応できるようになっています。

試験勉強に効果的な方法を選ぶためにはモチベーションも大切ですが、情報収集と自分の能力にどんな勉強方法が向いているかを見極めることが必要です。

公認会計士試験と講座

管理人

2017年の公認会計士試験の願書出願者数11032人中、合格者は1231人でした。合格者のうち、学生及び専修学校・各種学校受講生は840人、会社員は106人でした。さまざまな立場の人が試験をうけており、資格取得の専門学校を多くの合格者が利用していることがわかります。公認会計士試験に合格するために専門学校の講座に通う選択をした場合、どのように講座を選んだらいいのでしょう。

女の子受験資格は2006年に撤廃されていて、勉強方法として公認会計士試験の対策講座を受講する方法や、大学院学や独学で学ぶ選択肢もあります。勉強方法として多くの合格者から選ばれている公認会計士の講座は、それぞれの講座で特徴があり、事前に確認して自分にあったコースやフォロー体制などのある講座を受講することが大切です。

使用する教材によっても勉強の効率はかわります。公認会計士試験の試験科目は必須科目が6科目、選択科目が1科目です。科目の内容は理解することが難しく範囲も広いため、市販の教材で全てを網羅してわかりやすく解説した教材はないと言われています。専門学校の講座の教材はわかりやすく最新の試験範囲を網羅した内容になります。

公認会計士になるためには試験を合格した後も2年以上の実務経験などが必要です。それほど難関ですが、監査業務が行える唯一の国家資格であり、弁護士や医師と並んで3大国家資格でもある公認会計士は様々な場面で需要が増しています。今後ますます多くの場面で活躍が期待される公認会計士の試験合格のための講座選びのポイントや教材について説明します。