教材について

管理人

講座公認会計士試験に合格するためには3000時間5000時間の勉強が必要ともいわれるほどたくさんの勉強が必要です。時間を上手に使い効率よく勉強するためには使用する教材も重要です。試験対策に特化した講座ではどのような教材を使用して勉強するのでしょう。

講座で使用する教材にも特徴があります。学校ごとに過去の出題傾向を分析、検討しながらオリジナルの教材作りに力を入れています。試験に合格するためには知識を入れるだけでなく、実際の答案練習が欠かせません。そのため答案練習に適した教材があるかも講座選びには大切です。

講座で扱う教材は一般の書店で販売されている教材に比べ、常に試験の傾向や試験範囲を全て網羅している内容になっています。専門学校が一般の書店で販売している教材も、受講生向けの教材のように詳しくありません。誰でも独学で全て理解できるほど公認会計士試験が甘くないことは、試験の合格者や合格者の講座受講者の人数が物語っています。

事前にパンフレットの請求講座のホームページで使っている教材を確認することで、どんな教材を使っているのか知ることができます。体験入学に参加して授業を受けてみるなど、講座の内容や使っている教材、学校の雰囲気を自分で確認してしっかり検討することが大切です。

講座のポイント

管理人

公認会計士試験の合格者にも受講者が多くいる、専門学校の資格取得のための講座を利用する場合のポイントはどこでしょう。

合格実績を公開していることは重要です。生徒数が多いと合格者数も多くなることがあるので合格率=合格者数とは限らないので、ほかの専門学校の合格実績や講座とも比較して確認します。全体の生徒数も多く合格率も高い学校もあれば、生徒数が少なくて合格率の高い学校もあります。

男性講師やフォロー体制もポイントです。公認会計士試験に合格していなくても試験対策に特化したプロの講師がいる講座や、実際に公認会計士の試験に合格した講師がいる講座など、学校によって特徴があります。また、フォロー体制も講座によって違いますし、同じ系列の学校でも校舎によって違うフォロー体制の場合もあるので事前に詳細の確認が必要です。講座を休んだ時は振替え参加が可能なのか、映像などで休んだ講座を確認できるのか。質問はその場で対応してくれるのか、通信制の場合はどう対応してくれるのかなど多岐にわたります。

コースの内容も大切です。何曜日のどの時間帯に通うか、通信講座通学講座なのか、受験に専念したい人向けや社会人向けのコースは用意されているのかなどです。

後悔しない講座選びのためには、疑問点や不安なことはどんなに細かいことでも事前に学校へ問い合わせて納得して受講することが欠かせません。